S
邦楽 洋楽・パフォーマンス 民謡民舞 茶道・香道 文芸・文化 華道 書道 手工芸 園芸 美術・写真
文芸・文化部門 

柏市俳句会
柏市内で活動している俳句会を中心に俳句の振興と相互の親睦を図るため発足。以来毎年、柏市民俳句大会、柏市文化祭俳句大会、吟行会を開催しています。秋の柏市文化祭俳句大会は、多くの皆様に参加して頂くため、昨年から事前投句方式により、当日の欠席者を含め投句者全員による選句を行うことにしています。「柏市俳句会」の作品は、こちらからごらんください。
代表:藤岡 貞夫 加盟:1959年(昭和34年)
連絡先:〒277-0033 柏市増尾6-15-16 Tel04-7172-6646

柏話し方サークル明話会
hanasikata
「話し方・聴き方」ひとつで、豊かな自分に変わります。「話し方・聞き方」を学び、いつでも、どこでも、誰とでも、感じよく話ができ、信頼と敬愛される自分をつくりあげます。NPO法人 話し方HR研究所所属。
*自分の気持ちや考えを分かりやすく伝えたい。
*良いコミュニケーションをとりたい。
アットホームな教室で、幅広い老若男女の方々とご一緒に学んでみませんか?(写真:第57回柏市文化祭)
中央公民館 月2回木曜日(第1・第3) 18:30〜20:45 会費:月¥1,000  入会費:¥2,000
代表:矢崎 みち子 設立:1969年(昭和44年) 加盟:1973年(昭和48年)
連絡先:高橋ルミ子 Tel&Fax 04-7185-0738

東葛川柳会川柳会
日本人は、漢字、カタカナ、ひらがなを自在に操る世界でも不思議な言語文化を持つ民族です。家庭、街中、職場、友人、旅などなど生活のいろいろな場面で、気づいたり、感心したり、驚いたりする自分なりの何気ない発見を5,7,5のリズムに乗せて発信する川柳。東葛川柳会はそんな川柳文芸を愛するひと達の集まりです。会員手作りのホームページでは、会の構成や作品、行事の案内などの情報が日々更新されています。(写真:東葛川柳会20周年記念大会)
句会:月1回土曜日(第4)12:30~ 参加費¥1,000
機関誌「ぬかる道」月刊 年間購読料¥5,000  「東葛川柳会」作品集はこちらから
代表:江畑 哲男 設立:1987年(昭和62年) 加盟:1989年(平成元年)
連絡先/機関誌「ぬかる道」購読申込 tousenkai@jcom.home.ne.jp 
http://members3.jcom.home.ne.jp/tousenkai/

日本将棋連盟東葛支部
柏将棋センター
日本将棋連盟東葛支部は、全国605支部中、会員数195名(2011年6月現在)と、日本一の規模を誇っています。当支部は師範の石田和雄九段を中心に、名誉支部長に秋山浩保市長を迎え、地域社会に貢献し、将棋文化発展に寄与しております。
東葛地区を中心に将棋愛好家の親睦と力量の向上を直接的な目的としています。とりわけ、子供への普及に力を入れ、石田九段子供教室、柏市小学生将棋大会などを開催しています。後進の育成と言う点でも大いに役立ち、多くの有望棋士を輩出するに至っています。また、秋には市民将棋大会を開き、市民皆様の将棋を通じての親睦と気力の向上を図っています。
代表:九段 石田 和雄 加盟:1973年(48年)
連絡先:〒277-0005 柏市柏65-1-2CS21ビル3F Tel&Fax 04-7163-3335
kashiwa.shohgi@gmail.com     http://www.kashiwa-shogi.com/index.html

沼南教養部 沼南将棋同好会

当会の目的は、「将棋を通じて会員相互の親睦と会員各自の棋力向上、並びに沼南地域棋界の普及発展を図ること」としている。柏市沼南公民館を活動の拠点として、毎月2回例会を行い楽しんでいる。その他年2回(5月の沼南公民館まつり、11月の柏市文化祭)の将棋大会を開催している。
当会の会員は、柏市を中心とした約60名であるが、大会は柏市民だけでなく、松戸市、我孫子市、野田市、白井し、印西市、流山市、茨城県の方々も広く参加している。大会参加人数は、多い時で70名を越えることもあったが、近年は40名前後で推移している。
沼南公民館 月2回日曜日(第2・第4)13:00〜17:00
代表:鶴田 弘 設立:1975年(昭和 50年) 加盟:1980年(昭和55年)
連絡先:〒277-0921 柏市大津ヶ丘1-43-8 Tel&Fax 04-7193-2897

沼南短歌会

代表:遠藤 静江 加盟:2018年(平成30年9月18日)
連絡先:〒277-0902 柏市大井910ー6  Tel 04-7197-3683
トップへ戻る↑